TOP  > 3DSによるマウスピース除菌治療法(ドラッグリテーナー)

3DSによるマウスピース除菌治療法(ドラッグリテーナー)

マウスピースによる虫歯菌、歯周病菌の除菌治療・お手入れ(メンテナンス)

3DSのマウスピースは治療とお手入れに使用できます

  • 歯周病治療・予防
  • 虫歯治療・予防
  • 口臭予防
  • 毎日のお手入れ

善玉菌をそのままに、悪玉菌の虫歯菌・歯周病菌を選択的に除菌していく予防システムです

海外では「ペリオプロテクト」という名で広まっています。

口腔内の悪玉細菌(虫歯菌・歯周病菌)との戦いは歯が存在する限り一生です

  • 口腔内悪玉細菌(虫歯菌・歯周病菌)を選択的に除菌
  • 唾液で薬剤が希釈されないので薬剤本来の濃度での効果が期待
  • 経皮毒の心配⇒身体へのダメージ軽減
  • プラークコントロールが下手な方もある程度の効果

3DSとは Dental(歯に) Drug(薬剤を) Delivery(直接届ける) System(方法) という意味から、3つのDとSを取り、3DSと名付けられました。

それぞれの患者さん一人一人、個人用に製作された上・下顎1組の3DSのマウスピースに薬剤(液体・ジェル)を入れて、歯の表面や歯周組織(特に歯肉溝や歯周ポケット)だけに薬剤を作用させます。
腸内細菌においては善玉菌、悪玉菌、日和見菌が入り混じって存在しているため、抗生物質で悪玉菌を選択的に除菌しようとしても無理で、身体にとって有益な善玉菌まで殺菌してしまいます。
いっぽう、口腔内細菌においては虫歯菌は歯の周り、歯周病菌は歯周ポケット内に限局しているので、3DSにより頬粘膜などに存在している口腔内の善玉菌をほとんど殺さずに、悪玉細菌である虫歯菌、歯周病菌だけを選択的に除菌することが可能なのです。

3DSで目指すのは、歯原性菌血症を予防して、血管の老化を防ぐことです。

歯ぐきに炎症があると、歯ブラシやフロスで出血します。
「リンゴをかじると血が出ませんか?」というCMをご存知の方もいらっしゃると思いますが、 歯周病が進行すると、咀嚼だけでも歯ぐきから出血するのです。
その出血により、口腔内の悪玉細菌が血液の中に入ります。 これを歯原性菌血症を言い、身体のあらゆるところで血管を老化させ、様々な病気を 引き起こします。
これらを防ぐためには、口腔内にいる悪玉細菌を毎日除菌することが大切なのです。

 

 

 

 

歯原性菌血症とは、お口の中の細菌(虫歯菌や歯周病菌など)が、口の中の傷口(象牙細管・露出した歯髄・歯肉溝・歯周ポケット・根尖病巣・智歯(親知らず)周囲炎)から 血管内に侵入する現象です。

 

 

 

歯原性菌血症は、抜歯や歯石除去のような医療行為だけで起こるのではありません。

健康な歯ぐきでは出血しません。 しかし、歯周病に罹っている歯ぐきでは、 日常的に行っている「歯磨き」や「咀嚼」で出血し、 口の中の菌が日々血管の中に侵入しているのです。 歯ぐきの出血は、 心臓病の注意報です。

 

クモ膜下出血「脳内の動脈瘤破裂」は致命的な疾患です。歯原性菌血症は「クモ膜下出血」の原因の一つ。
歯原性菌血症がこの疾患の原因の一つである証拠がフィンランドから発表されました。

 

アルツハイマー型認知症患者の脳の93.7%から歯周病トレポネーマが検出されている。

アルツハイマー型認知症もP.gingivalisやトレポネーマなど細菌感染(歯原性菌血症) によって発症すると報告されている。

 

妊娠している女性が菌血症を起こすと、低体重児や早産・死産の危険!!

母親の歯肉炎が原因で、口腔のフゾバクテリアが胎児の肺や胃に感染

 

動脈硬化により心筋に血液を送る血管が狭くなったり、ふさがったりしてしまい心筋に血液供給が無くなり死に至ることもある病気です。

歯原性菌血症により、血管の中に血管プラークが形成され血管が閉塞されます。 そのプラークが剥がれ血栓ができると血管が詰まってしまうのです。

歯周病に罹患していると、心血管疾患の発症リスクは1.15~1.24倍高まります。

 

関節リュウマチの発症の有無にかかわらず、人工関節に悪影響があります。

 

免疫異異常により関節に腫れや痛みを伴う炎症が起こる病気。 歯周病があると進行しやすい。

 

「歯周病は糖尿病の合併症の一つ」と言われています。

糖尿病
  • インスリンが効きにくくなり、血糖値の高い状態が続く。
  • 糖化したたんぱく質が増加して炎症促進。
  • 白血球の機能が低下し免疫力が下がります。

歯周病悪化

歯周病
  • 病巣でマクロファージなどが活性化し、歯周病菌を貪食。
  • TNF-αなどの炎症物質を出す。
  • この炎症物質や歯周病菌の内毒素がインスリンの働きを阻害する。

糖尿病悪化

 

歯周病の病巣から血液に入った口腔細菌は最後は腎臓で濾過されます。膀胱に排出されたのが細菌尿です。
一部の細菌は腎臓病のリスク因子になります。

 

歯周病が全身へともたらす影響は、今のところ次の3つの経路をとると考えられています。

1) 血液から

→ 歯周炎の炎症性物質が血液中に入り、全身性炎症へ

2) 歯周組織から

→ 直接歯周組織から歯周病原因菌が体内に侵入

3) 腸の壁から

→ 毎日口腔内から飲み込んでいるP.g菌が、腸内細菌の菌叢を変化させる。      
その結果、腸壁の透過性が高まって様々な物質が通り抜け、細菌が出す内毒素が腸の壁を通り抜けて血液中に入る。

 

歯周病予防と血管の健康のためには、毎日の3DSトレーによる除菌細菌置換療法(リプレイスメントセラピー)による腸内への善玉菌の定着が不可欠です。

バクテリアセラピーへ

PAGE TOP