TOP  > 症例集

中垣歯科医院の症例集

中垣歯科では歯周病の症状に応じて、軽度・中度・重度の3段階に分類し、それぞれの段階にあわせた適切な治療を行っています。
※日本歯周病学の分類ではなく、当院での分類です。

【歯周病の3つの段階】

症状段階 治療
軽度
症例はこちら
歯を削ったり連結したりせずに治療できる。除菌治療のみ
中度
症例はこちら
動揺があるため、歯を削って連結固定する。もしくは取り外し式ブリッジにする。除菌治療後、連結固定する
重度
症例はこちら
歯を支える顎の骨が溶けているため動揺が激しく、残った歯を削って入れ歯やブリッジ、インプラントなどの欠損補綴が必要
動画で症例をご紹介

軽度の症例(削らなくても除菌やお掃除だけで改善するケース)

除菌前に歯石を取ると傷ついた歯肉から歯周病菌が体内に侵入するので、危険です。

初診時:歯肉の痛み、出血、腫れを確認

歯肉の下に歯石があり、取りにくい状態。このままの状態で歯石を取ると非常に痛いです。腫れている歯肉を傷つけてしまい、歯周病菌が侵入するのでこの状態では歯石を取るべきではありません。まずは除菌治療を行います。

症例を詳しく見る

除菌治療開始2週間後:炎症がおさまり、腫れや出血がなくなる

歯石がついているのに、歯肉の炎症が治まりました。このことから、炎症の原因は歯石ではなく、歯石の上についていたプラーク(歯垢)でした。歯肉の炎症がひき、隠れていた黒い歯石が見えてきたので患者さんに負担をかけずに簡単に歯石を取ることができます。

症例を詳しく見る

治療後:腫れが完全に引き、歯肉の色もきれいなピンク色に

炎症が治まったのになぜ歯石を取ったかというと、見栄えが悪い事はもちろんですが、歯石の表面は軽石のようにザラザラしているので歯石を取ることによってプラークが付きにくく、取り除きやすい状態になるからです。

症例を詳しく見る

中度の症例(除菌やお掃除をした後、歯の揺れを固定しなければ行けないケース)

Case1 保険治療(完全連結固定)

症例を詳しく見る

Case2 自費治療(完全連結固定)

症例を詳しく見る

Case3 自費治療(生理的動揺を残した連結固定)

症例を詳しく見る

重度の症例(入れ歯を入れなければいけないケース)

Case1 自費治療

症例を詳しく見る

Case2 自費治療

症例を詳しく見る

Case3 自費治療(生理的動揺を残した連結固定)

症例を詳しく見る

Case4 自費治療 (テレスコープデンチャー)

治療内容はこちら

術前・術後を見る

Case5 自費治療 (テレスコープデンチャー) 

治療内容はこちら

バネの見えない入れ歯について

テレスコープデンチャーを積極的に勧めています

中垣歯科医院では重度歯周病で、入れ歯の患者様にはテレスコープデンチャーを積極的に勧めています。
歯周病の歯に入れ歯のバネをかけると、歯が揺さぶられてその歯が長持ちしません。テレスコープデンチャーにすることによって、動揺歯が固定され長持ちし、見栄えがよく、しっかり噛めるようになります。

中垣歯科医院のテレスコープデンチャーについてはこちらから

その他 中垣歯科医院の治療症例はこちら

当院の治療コンセプトについて

PAGE TOP