TOP  > バクテリアセラピー(細菌療法)

バクテリアセラピー(細菌療法)

バクテリアセラピーとは?

バクテリアセラピーは医療先進国であるスウェーデンで考えられた、プロバイオティクスを用いた予防医学技術のひとつ。国際的なバイオテクノロジー会社「バイオガイア」と世界最高峰の総合医科大学「カロリンスカ医科大学」の共同研究で生まれた、新しい予防のカタチです。現在は、60以上の国や地域の医療機関が導入を進めています。
 
もともとヒトの体内にいた善玉菌を摂取することで悪玉菌の作用を抑えるため、副作用などがない安心の治療法です。当院では、善玉菌としてL.ロイテリ菌を採用。通常の歯科治療やメインテナンスの際に摂取していただくだけで、お口や全身の健康を導きます。

こんな症状はありませんか?

  • お口の病気やお悩み
  • 胃や腸の調子が悪い
  • アレルギーの症状
  • 身体の調子が悪い

 

それは「口内菌質」のせい かも知れません

人体常在菌には大きく分けて善玉菌 悪玉菌 日和見菌の3種類があります。

「菌を持って菌を制す」(バクテリアセラピー)という考え

歯磨きや洗口液だけで安心していませんか?

歯磨きや洗口液では歯周ポケットの中の菌を完全に除去できません!

 

プロバイオティクスとは?

プロバイオティクスは「人体によい影響を与える微生物」の総称で、乳酸菌の一種であるブルガリア菌・ビフィズス菌・ラブレ菌や納豆菌などもプロバイオティクスに含まれます。善玉菌であるプロバイオティクスを摂取して体内環境を整えることで、健康を維持することが可能。現在も研究が盛んに行われており、さまざまなプロバイオティクスが発見されています。

 

プロバイオティクスの特長

プロバイオティクスには、以下のような特長があります。

・ヒト母乳由来の安全な菌である
・酸に強いので生きたまま消化管に留まる
・免疫力を高めることができる
・病原菌(悪玉菌)に抵抗する作用がある
・科学的根拠に基づいた効果がある

 

乳酸菌 L.ロイテリ菌

バクテリアセラピーに仕様するのは、ヒト母乳由来のプロバイオティクス

L.ロイテリ菌とは?

一般的にL.ロイテリ菌と呼ばれるのは「ラクトバチルス・ロイテリ菌 ATCC 55730」という善玉菌です。L.ロイテリ菌には胃酸や消化酵素に対する耐性や消化管への優れた定着性があり、「すべてを兼ね備えたプロバイオティクス」として認められています。なおL.ロイテリ菌は消化管だけでなく、口腔内においても菌質改善を実現。免疫システムの調整に効果を発揮するので、歯周病をはじめとするさまざまな疾患の予防・改善に働きかけます。

 

L.ロイテリ菌の特徴

新生児の消化管に最初に定着する菌でもあるL.ロイテリ菌。ヒトへの定着率は周囲の衛生環境や生活習慣などによって変わりますが、都市部よりも郊外にする母親の母乳から多く検出されることが明らかになっています。

善玉菌(L.ロイテリ菌)を摂取するメリット

 

L.ロイテリ菌がお口から入ると何が起こる?

 

免疫力強化

母乳に含まれるL.ロイテリ菌は、新生児の腸内に最初にコロニーを作る菌であり、消化管全体に強固な体内常在菌環境を形成すると考えられています。

バクテリアセラピー

腸の中にはこんなにたくさんの菌が住んでいる!

 

口腔内と腸内で菌質改善

口腔内と腸内で菌質改善

 

 

L.ロイテリ菌の研究効果

歯周病菌の発育抑制

L.ロイテリ菌がいる場所は、有害バクテリアの発育が抑制されている様子が分かります。

 

ムシ歯菌(ミュータンス菌)の発育抑制

L.ロイテリ菌による虫歯菌(ミュータンス菌)の発育抑制を確認。摂取後一定期間が経過しても抑制を確認することができました。

 

ピロリ菌の増殖抑制

日本人の2人に1人はピロリ菌に感染していると言われています。

 

アトピー性皮膚炎の改善

L.ロイテリ菌を摂取することで乳児のアトピー性皮膚炎の緩和が確認されています。

 

便秘の改善

便秘の改善

 

口臭の改善

口臭の原因菌を抑制する。臭いをごまかすのではなく、原因を断つ!

菌質は体質です

PAGE TOP