TOP  > 外科療法で治す歯周病

外科からアプローチする歯周病治療

中垣歯科医院「大阪歯周病治療センター」では、外科療法による歯周病治療を行っています。
外科(手術)というと怖いイメージがあるかもしれませんが、歴史が長く実績の多い方法ですので治療の選択肢としてお考えいただければと思います。

歯周病の疑いが強い方へ
歯周病になっても、ブラッシングや生活習慣の改善で進行を抑えたり遅らせたりすることは可能です。しかし、それだけ治すのはやはり困難ですので、歯周病の疑いがある場合には一度ご相談ください。
歯周病は完全に治るまで時間がかかりますが、当院では治療計画を立てて少しずつ着実に治していくように努めていますのでどうぞご安心ください。

歯周病治療メニュー

以下では、外科手術を含めて歯周病の治療メニューについてご説明します。

  • 本格的な治療に入る前に、歯肉の腫れの膿を出したり、かみ合わせの調整をしたりすることがあります。
  • ご自身の歯並びにあった適切なブラッシング方法を指導します。実際に歯ブラシを使用して、磨けていない部分をどのように磨くのかをお教えしますのでご自宅でも同じ要領で続けていきましょう。
  • 歯垢(プラーク)が石灰化した歯石はブラッシングで取り除くのが困難です。むし歯や歯周病の温床となってしまうので、歯石がある場合はすぐにご相談ください。専用の器具でキレイに除去します。
  • 歯ぐきと歯の間(歯周ポケットの奥)に歯石が溜まっている場合は、局所麻酔をしてから歯石除去を行います。歯石を削りとったあとは歯の表面がざらざらするので、ルートプレーニングという処置でなめらかに仕上げて終了します。
  • ある程度進行しいて歯石をとっても歯周病の改善がみられない場合には、歯周外科手術を行います。歯肉にメスを入れて歯を支えている顎の骨から一時的にはがして、歯に付着している歯石をキレイに除去します。SRP同様に、処置の終わりにはツルツルに仕上げます。
定期検診のススメ
治療が必要になる前に受けていただきたいのが、定期検診です。
毎日のブラッシングも大事ですが、お口の健康を守るにはプロのチェックが欠かせません。歯周病にかぎりませんが、歯の病気は症状がかるいうちは簡単な治療で済みます。
症状が悪化するほど治りづらくなり、通院回数や治療費がかさんでしまいますので、ぜひ数ヶ月に一度は定期検診を受けていただくことをおすすめします。

PAGE TOP