TOP  > 痛くなく薬で治す歯周病

歯ぐきを切らない歯周病治療の選択肢「歯周内科学」

これまでの歯周病治療は、歯と歯ぐきの間などに溜まった歯石をとるために歯肉を切開する外科的処置が一般的でした。しかし、歯周病治療を受けた方ならわかるかもしれませんが、症状の改善がみられず、歯肉の炎症、腫れや出血、口臭で悩まれ、歯周病で歯を失う方がいらっしゃるのが現実です。

また、切開する方法は患者様に負担がかかり、また治癒期間が長くなるというデメリットがあります。さらに言うと、歯科医師の技術と治療後の患者さんのケアが不十分だと、良い結果は期待できません。外科手術では対症療法であり、原因菌にアプローチするわけではないのです。ひどいケースでは外科手術でいったんキレイに歯石を除去しても、違うところが悪化して外科手術を繰り返すケースもあります。

一方、原因である菌を特定し、薬でその菌を退治する歯周内科なら、外科手術を行わずに切開をせずに歯周病を治療することができます。

歯周内科の4つのポイント

ポイント1.位相差顕微鏡での菌の確認

歯周病のようす歯周病になると、口の中にこのような細菌が住みつきます。※クリックすると、歯周病菌の動画をご覧いただけます。

ポイント2.細菌の除去薬剤の内服
ジスロマック
ポイント3.カビ除去薬剤あるいはカビとり歯磨き剤での歯磨き
ハリゾン
ポイント4.除菌後の歯石とり
歯石とり

この4つのなかで特に重要なのが、顕微鏡でお口の中の菌を確認することです。歯周病菌がどれくらいいるか、カビが多いのか、あるいは大きな問題はないのか。お薬を選ぶうえでも大切ですが、ご自身の口の中の細菌をご覧いただくことで、予防意識が高まる方もいらっしゃいます。

歯周内科を検討中の方へ

歯周内科が気になる方はまず検査を受けてみてください。歯周ポケット検査・口腔内細菌顕微鏡検査・手指の毛細血管の顕微鏡検査など、口の中の現状を把握することから治療はスタートします。まずはお話だけでも結構ですのでお気軽にご相談ください。

PAGE TOP