TOP  > 歯周病改善症例

歯周病改善症例

中垣歯科医院の歯周病治療のプログラムは、特別大きな努力せずに手術をせずに痛くなく、歯周病の進行を止めることができます。 この治療プログラムで、歯を残し、血管も身体も健康に保つことができるのです。

タバコを吸っていたり、糖尿病などの全身疾患がある場合を除き、殆どの方が以下に示すような臨床的症状を短期間に効果的に改善することができます。

歯周組織精密検査表の改善(カラフル→モノトーン)
位相差顕微鏡像の改善
遺伝子検査リアルタイムPCR法の改善
ガスクロマトグラフィーによる口腔内細菌の産生する悪臭ガス(口臭)の低減
肉眼所見(歯肉の出血・腫脹など)の改善
自覚症状(ネバネバなど)の改善  など

症例によっては歯の動揺が止まったり、レントゲンで骨の再生が見られることもあります。

その具体的な改善例をご紹介しましょう!

この患者さんは49歳の男性の歯周病治療の改善症例です。
重度のヘビースモーカー(80本/日)ですが治療開始とともに喫煙をやめました。

49歳の男性の歯周病治療の改善症例

口腔内写真

歯肉が腫れています。
上の歯肉から膿が出ています。
下の歯肉から出血があります。

パノラマレントゲン写真

歯を支える骨が減っています。

中垣医院の歯周病の治療プログラムでは喫煙患者は改善が得られない、もしくは治療効果が落ちることがあるのですが、重度の喫煙患者にも関わらず、非喫煙者と変わりない治療成績が出た症例です。

歯周病の原因である歯周病菌の徹底的な除去と身体の免疫力向上を行います。

位相差顕微鏡、リアルタイムPCR法の結果(菌種)に応じて除菌

体内ミネラル蓄積度検査(オリゴスキャン・血液・尿)

 

歯周組織精密検査表(出血、排膿、歯周ポケットの著しい改善)

歯周組織精密検査表

 

歯周組織精密検査表の見方

 

位相差顕微鏡(スピロヘーター(らせん菌)の著しい減少)

位相差顕微鏡

スピロヘーター(らせん菌)、運動性の桿菌などの悪玉細菌が多く観察できます。
悪玉細菌優位

悪玉細菌が消え、殆どが日和見菌、善玉細菌となりました。
善玉細菌優位

 

リアルタイムPCR法(歯周病菌極悪5菌種の著しい改善)

PCR検査結果報告書

レッドコンプレックスの3菌種を含む 歯周病菌極悪5菌種がA.A菌を除き4菌種が基準値をはるかに超えていました。
PCR検査結果報告書
治療後、問題となる極悪歯周病細菌数が基準値以内(1000以下)に収まりました。

 

口腔内写真(肉眼的所見や現象、症状の著しい改善)

口腔内写真 初診時、治療後

・歯ぐきからの出血が止まらない。
・膿が出る
・口臭
・口の中がいつも気持ち悪い
・歯がグラグラする ・喫煙

炎症が治まり、歯肉が引き締まり、
歯肉からの出血、排膿が治まり、口の中が
スッキリして口臭も治まりました。
グラグラしていた歯もしっかりとしてきました。

 

 

口臭検査(歯周病菌などの悪玉細菌が産生する口臭ガス量の著しい減少)

オーラルクロマ(口臭検査)

悪玉細菌が産生する口臭ガスである硫化水素とジメチルメルカプタンの発生が激減しました。

 

上記のように
・歯周組織精密検査表の改善(カラフル→モノトーン)
・位相差顕微鏡像の改善
・遺伝子検査リアルタイムPCR法の改善
・ガスクロマトグラフィーによる口腔内細菌の産生する悪臭ガスの低減
・肉眼所見(歯肉の腫脹など)の改善
・自覚症状(ネバネバなど)の改善 など

 

症例によっては歯の動揺が止まったり、レントゲンで骨の再生が見られることもあります。 何故、このような著しい改善または完治が得られるのでしょうか?

それは、歯周病の原因を徹底的に追求し、その原因を徹底的に取り除き、身体の免疫力の向上と痛んだ歯周組織の細胞修復に積極的に働きかけるからです。

歯周組織の崩壊が止まり、歯周病の進行が止まるだけでなく、歯周病菌が血管内に侵入して全身を巡る歯原性菌血症を防止することで動脈硬化や全身疾患(心疾患、脳疾患、糖尿病、肺炎、アルツハイマー型認知症、自己免疫疾患など)のリスクを大きく下げます。

歯周病治療は歯周病菌により起こる動脈硬化を防止し、血管の老化を防ぎます。
「人は血管とともに老いる」(17世紀の英国の内科医Thomas Sydenham(1624-1689))という有名な言葉がありますが歯周病治療は全身の健康と美容に大きく貢献し、アンチエイジングにつながります。

 

Q.なぜ歯周病が治らないのか?

歯周病は、歯周組織を破壊し、歯を喪失するだけでなく、血管や身体を蝕む深刻な国民病です。しかし、実のところ、歯周病は歯科医院に通院してもなかなか治らないのが現状です。患者さんの中には、歯茎を切る手術までしたのに治らない、または再発する方もいるのではないでしょうか? なぜ歯周病は治らないのでしょうか?

治療しても治らない、または再発する歯周病治療の悪循環を断ち切る治療法とは!

A.原因が除去できていないからです。

もし完全に原因除去が達成されたなら、歯周病は治りますし、再発もしません。歯周病の原因は、歯石ではなく、細菌です。 
歯垢(プラーク)と呼ばれる細菌の塊です。歯石と細菌は違います。(歯石≠細菌)
原因は歯石ではないことに注意して下さい。

多くの人は歯石が歯周病の原因だと思っているため、歯垢=プラーク:細菌の塊という原因を完全に除去しないで歯石(むしろ歯周組織と身体を守っている)を除去することに力を注いでいるから治らないのです。
むやみな歯石取りは歯周病が治らないどころか歯周病をかえって悪化させ、血管と身体にまで大きなダメージを与えてしまうのです。 歯周病の原因である細菌の中でも、特に歯周組織と血管と身体に多大なダメージを与える極悪歯周病菌の菌種が解っているので、遺伝子検査で感染の有無を調べ、徹底的に除菌すればいいのです。
口腔内の善玉細菌はそのままに悪玉細菌のみを選択的に除菌する治療法です。喫煙や大きな全身疾患がないかぎり、真剣に取り組めば高確率で著しい改善 や完治が得られる、切らずに治す痛くない効果的で安全な歯と血管と身体のための治療です。

原因除去について詳しく見ていく

PAGE TOP