TOP  > 歯周病が原因で引き起こされる全身の症状

歯周病の悪影響は全身にもおよぶ?

歯周病は口まわりだけの病気と思われがちですが、歯周病がある程度進行すると歯周病菌がだ液や血流によって全身の臓器に運ばれ、悪影響をおよぼすことがわかっています。ケースによっては深刻な疾患を引き起こす場合もありますので、歯ぐきの腫れや出血など、歯周病の症状が見られる場合は早めに中垣歯科医院までご相談ください。

歯周病が全身におよぼす悪影響の例

肥満

脂肪細胞から分泌されるさまざまな生理活性物質(アディポサイトカイン)が歯周病を悪化させる可能性があります。

狭心症・心筋梗塞(虚血性心疾患)

1. 歯周ポケット内の細菌が直接血流にのって冠動脈へ到達し感染する説と、
2. 細菌感染によって引き起こされた歯周炎の種々の炎症関連分子が間接的に冠動脈に作用する説とがあります。

早産・低体重児出産

妊婦が歯周病にかかると、子宮筋が収縮しやすくなり、早産や低体重児出産につながるといわれています。

骨粗鬆症

閉経した女性は骨粗鬆症の発症率が高く、発症した歯周炎の進行過程に影響をおよぼすことが考えられます。

免疫・アレルギー疾患

自己免疫疾患および金属アレルギーは歯周病と相互作用があり、歯周炎の進行過程に影響をおよぼす恐れがあります。

糖尿病

糖尿病患者は健常者に比べ歯周病を発症するリスクが高いことがわかっています。また、歯周病にかかると糖尿病を悪化させるといわれています。

誤嚥性肺炎

病気や加齢によって、物を飲み込む機能が低下すると、歯周病菌や逆流した胃液が気管に入りやすくなります。その結果、発症するのが誤嚥性肺炎です。

健康な人と比べた歯周病患者のリスク

中度から重度の歯周病が全身に引き起こすリスクは、健康な人と比べて・・・

脳卒中
2倍
低体重児出産・早産
4~7倍
慢性呼吸疾患
2~5倍
糖尿病
2~4倍
冠動脈疾患
2倍
 

このように、歯周病にかかるとさまざまな悪影響をおよぼすリスクが2倍以上に跳ね上がります。歯周病は全身疾患と密接なかかわりがあるので、全身疾患をお持ちの方は一度歯周病を疑ったほうがいいでしょう。

では、そもそもなぜ歯周病になるのでしょうか?

歯周病は全身疾患との関連性があるため、当院では内科と連携して治療を行っています

PAGE TOP